新宿にバーチャルオフィスを用意する相場

現在世の中には、レンタルオフィスやバーチャルオフィス、シェアオフィスなどオフィスに関する言葉が数多くあふれています。中でもレンタルオフィスについてご存知な方が多く、実際どんなものかまでご存知の方は少ないと言えます。レンタルオフィスは、実際の業務が行なえるデスクを用意された部屋に電話を設けているオフィスのことです。レンタルオフィスとよく似たオフィスでバーチャルオフィスがあり、この2つのオフィスの大きな違いは、デスクと部屋があるかないかということとなります。新宿エリアにもレンタルオフィスをはじめとするさまざまなタイプのオフィスが揃っていますので、これから起業して事業を始める方は、それぞれの違いを十分に把握した上で適切なオフィス選びを行なうことをお勧めします。

起業資金の少ない方に最適なオフィス

起業して事業を行なうには当然のことながら、起業資金がかかるものです。その資金が十分でない方でも、バーチャルオフィスであればレンタルオフィスよりも格安でオフィスを持つことができます。オフィスとは言え、住所と電話番号、FAX番号をレンタルすることとなり、名刺にもそれらを記載できるので、起業する方には最適です。一般的な会社を起業するには、場所探しからデスクなどの事務機器の購入などがかかり、新宿にオフィスを構えることを考えているのであれば、敷金や礼金を含め賃貸料金も相当かかることになります。自分ひとりで十分な小規模なビジネスを展開する方であれば、オフィスを賃貸する費用をかけずに会社用の住所と電話番号をレンタルするだけで、最低限の初期費用で起業が可能です。

初期費用や毎月かかる費用の相場

新宿のレンタルオフィスは、月に50,000円ほどの家賃が必要となります。一方でバーチャルオフィスを利用する際には、オフィスのプランによりますがエコノミーなプランであれば4,800円が相場で、月にして44,200円も差が生じます。こちらのエコノミープランには、個人事業主や法人の住所登記、メール便などで届いた郵便物の無料転送サービス、不意な来客の際の来客の対応が含まれており、初期費用でも9,800円という格安さが自慢です。このプランに電話やFAXの転送サービスのあるプランを選んだにしても、10,000円以下ですのでかなりリーズナブルな料金で起業ができます。いずれも会議室の利用も別料金でできるため、一般的なオフィスと同様に取引先とのミーティングにも利用ができます。