バーチャルオフィスを新宿に用意するメリットデメリット

バーチャルオフィスを起業して事業を始める方のひとつの選択肢として考えている方もいることでしょう。このオフィスは、事業を始める際に最低限必要となる住所と電話番号、FAX番号をレンタルしているサービスのことを言いレンタルオフィスとは異なることを知っておく必要があります。レンタルオフィスも住所と電話番号をレンタルできる点は同じですが、大きな違いはデスクのある部屋があるのがレンタルオフィスです。そのため、毎月の家賃が必要となり、特に新宿の場合にはレンタルオフィスであってもそれなりに家賃も高いのが特徴です。一方でバーチャルの場合には、デスクのある部屋があるわけではないので家賃がかかりませんので、レンタルオフィスに比べてかなり格安で起業が実現できることになります。

メリットも活かして自分のビジネスを始める

バーチャルオフィスの最大の魅力は、都心の一等地の住所を利用できると言う点です。自宅が都心から離れた場所であっても、新宿でオフィスを見つければその住所と電話番号をレンタルができ、名刺にも表示できますのでビジネス上でも信用度を得ることも可能です。前述の通り、部屋をレンタルするわけではないので一般的な会社の設立時のように、賃貸契約や入居時の敷金や礼金などの初期費用もかからないため、オフィスごとに定められている初期費用だけで済むのもメリットです。そのため、起業資金があまりない方でも、事務機器などの設備費も不要で比較的容易に起業して事業を始められるということになります。オフィスによってプランなども異なりますが、月極であれば契約に関しても自由に更新や解約ができるのもポイントです。

事業を拡大することを考えている場合にはデメリットが多い

リーズナブルな予算で起業が実現するメリットのあるバーチャルオフィスは、将来取引先を増やし事業を拡大することを目標としている場合には、不適切な点もあります。場所的に知名度のある新宿のバーチャルオフィスを利用していても、法人口座の開設ができないことやそれに伴い、取引先によっては法人口座がないと取引ができなくなるなどのデメリットがあります。これだけでなく、会社組織に必要となる社会保険や雇用保険の申請に応じてもらえないことや通常会社を創業した時に最適な資金調達手段の創業融資を受けられないことも起こりえます。また、レンタルしている住所は複数の方が利用しているため、住所で検索した際にはほかの会社が表示されてしまうことがあるため、相手先にバーチャルであることが知られてしまう危険性もあります。そのため、事業の拡大を想定していない個人的な小規模なビジネスを行なう方に最適と言えます。